PART1
検討開始からハウスメーカー決定、土地探しまで
2003年4月某日
社宅住まいの私は会社の補助もあってそこそこ安い家賃で暮らしている。 ある日の新聞で、会社がいろいろな経費を削減し困っているという人の記事を読んだ。 それが、「うちもいつ社宅費がなくなるかわからんなあ」と漠然と夫婦で話し合うきっかけであった。 まだ社宅入居期間は数年あるが、これまで貯めたそこそこのお金もある。 この先支払う家賃はただなくなっていくだけのお金だし。。。少し負担は大きくなるが毎月の 家賃の代わりに少し大目のローンを支払うことにして財産を取得しよう。 ずっとマンションとアパートで育ったわれわれ夫婦にとって、やがて持つであろう子供には 自分の家と自分の部屋で育ってほしいという願望もある。 一気に話はそこまで進んだのであった。

2003年4月末
何もわからない我々はまず住宅展示場へ出かけた。土地もないしハウスメーカーにお任せ、以外の発想は まったくありませんでした。
少し遠慮がちな妻に反して、私はいろいろ な展示場にどんどん入って、応対に出てくる人の話を聞いてアンケートを書く。土地をもって ないので要望を伝えて「いいとこあったら連絡ください」と言い残して数々の展示場を回る。 誰にも相談せずに乗り込んでいったので土地の大きさの要望サイズをきかれても良くわからない。 70坪ととりあえず答えたが、無謀な面積であったと後で知る。 このときは、いますぐ家を建てたいというわけでもないので1年くらいかけてゆっくりと希望の 土地を探していくつもりであった。 Pホーム、S水、Dイワ、Mサワ、Tヨタ、へーベルハウスと数日かけてほぼ同じように回った。 良く話に聞いていた「土地をもっていないと相手にしてくれない」という印象は特に感じなかった。 Mサワは3回訪れて、ようやく係りの人が出てきた。他の展示場ではそんなことはなかったが???

写真は宇都宮東の展示場にあるへーベル展示場。(モデルは説明間取り図によるとアービングと書いてあるが キュービックのような気がする)後に通いつめることになる。 もともとは隣のパナホームに行ったときのついでに冷やかし半分で覗いたんだけど。。。

2003年5月初
メーカーの対応はここで全く異なることになる。Pホーム、へーベルハウスは積極的に土地の情報 を持ってきてくれる。特にPホームは積極的であった。S水、Tヨタは音沙汰なし。Dイワ、Mサワ は電話や訪問はあったが具体的な土地情報はまだもってきてくれない。 このとき、すでに私の中ではへーベルハウスにかなり心が傾いていた。理由は
  1. 神経質な私はとにかく騒音が嫌い。遮音性のよい家がいい
  2. 都会育ちの私は今住んでいるこの土地の冬の寒さが厳しい。断熱性の高い家がいい
  3. 高い買い物なので地震や火事に強いほうがよい
  4. へーベルの展示場は遮音性、断熱性を通常工法と比較体感できた。
  5. 他の展示場でインパクトを感じない
  6. 営業担当の方の丁寧でわかりやすい説明に好感が持てた
などの理由です。

とくに営業の庄子さんは、質問するとかならず「ハイ」と言ってから話し出すところや、わからない ところは誤魔化さずはっきりわからないという点で信用できると感じました。へーベルを見学したとき 「要望をメモやマンガで指示してもらえれば、間取り図面くらい引きますよ(タダで)」といってくれ たのもポイントが高い。これは後日頼んでみることにした。 第二候補のMサワとの2つに絞り込まれつつある状態となった。
写真はヘーベルの宇都宮東展示場内キッチン。吊り棚のないオープンな感じが気に入りました。どうものぞき窓 のようなキッチンは私は好きになれない。(キッチン側をお客さんに見せたくない人も居るでしょうし この辺は好みの問題ですね)
ただ、できれば写真右の腰壁(絵のかかっているところ)さえも無くした、よりオープンなキッチンが理想である。 いっそアイランド型にできないかなあ。。。などとこのときは漠然と考える

ここの間取りは展示場だからとやたら広いこともなく、そこそこ実用レベルな間取りで実感をつかみやすかった。

2003年5月GW
とりあえずいくつかの土地情報があつまってきたので、一応全部出かけて調べてみた。なかなか希望 に沿うところはみつからない。とにかく静かなところを第一優先とし、あとは駅との距離や学区、通勤 距離、利便性を補助条件とする。ここで、へーベルが持ってきてくれた土地情報のひとつが条件に近い ので大いに気に入る。でもここはまだ駐車場で、造成予定というだけの状態。すぐに買えると いう状態ではないらしい。とりあえず十数区画の売り出し予定のなかでどれかひとつを選ぶことにした。
念のため、平日や休日、朝昼晩、雨や晴れの日といろいろな条件の中で問題がないかを1週間チェック してみたが問題なさそうであった。周辺の病院、公園、バス停、コンビニ、交番、スーパーなども OK。そこで、そこそこの広さで安い区画をひとつ購入希望を出しておいた。
我々は北道路など気にしないので、できるだけ土地の北側に建物を寄せればいい。安けりゃいいと軽く 考え決めたのであった。だって南東角地の区画は狭いくせに500万円も高いんだもの。。。 あとで知ったが、私が希望した区画は第一希望で応募した人は他にいなかったとのこと。南東角地は 応募殺到したらしい。そこを希望していたらきっとこの土地には住めなかっただろう。最初から 競争率の高そうな土地を避けたという点で、ある意味作戦勝ちだった。

まだ駐車場。なーんにもないです

2003年5月11日(写真はないです。よそ様の家なんで)
へーベルの現場見学会へでかける。午前中だけで、建築中の家、築2年くらいの新しい家、築20年 くらいの家の3件をまわるバスツアーである。結構な参加人数(40人くらい)でこんなに家を建てる 人がいるのか?とかなり驚く。最初の建築中の躯体見学で、外壁の耐火実験や地盤調査の実演を やってくれた。建築中の建物の中は外の陽気に反してえらく寒い。よく見ると剥き出しの内側の鉄骨が 昨晩から今朝の寒さでヒンヤリしている。外気に影響を受けず中の気温を一定に保っているということであろう。 断熱性の良さが逆に証明されたことになる。このあとの2軒の見学は住人の方の お話が聞けたが、共通して言われるのはやはり静かで断熱性に優れているという点であった。どんどん へーベルが気に入ってくる。妻も気に入ってくれたようだ。
見学会が終わると、以前出しておいたメモをもとに2パターンの間取り図を引いてくれたというので 見せてもらうことにした。ごく普通の1Fリビングと、北道路ということで日当たりを考慮して2Fリビング 構想の2パターン。適当な手書きかとおもいきや、とんでもない。きちんとファイルされたCAD 図面で、○○様邸新築とかいてあり、概略見積価格まで出ている(高いけど)。うーん、まだ建てる とは一言も言ってないのに、サービスいいなあ。結果的に他メーカーには間取りや見積もりをもらわ なかったが、この程度はどこもやってくれたのかな?まあ、これから建てる人は、タダならばどんどん 依頼してみるといいでしょう。
「あとは希望中の土地が買えることが確定すればへーベルに決めてもいいんだけど、土地が宙ぶらりん なのでまだ決められない」 と話すと、「とりあえず上モノを進めて、希望中の土地がダメだった場合はとことん探す」と確約してくれ た。「とことんってどの程度ですか?」と意地悪く質問したら、自身満々の即答で
「永久です!!」
この瞬間「この人なら信用して家つくりを任せられる」と感じ、私はへーベルで建てることに決めたのであった。 (ちなみに過去には5年くらい土地だけ決まらなかった人がいるらしい) 漠然と家を考え初めて、ここまでわずか約3週間で決めてしまった。 ちょっと不安も感じるがまあ、いつかは決めることだし。 次の打ち合わせで契約することにしました。
なんでもそうだけど、やはり営業さんの人柄って大きく 影響します。ヘーベルさんでは庄子さん以外の方もみんな、礼儀正しく一所懸命です。留守中の伝言とか ちゃんと正しく伝わってるし、横の連携もうまくいっているようでユーザーとしては安心できます。あとこれは 後日わかったことですが、ヘーベルのWebページに質問メールとかしてもものすごいレスポンスいいです。 しかも素人のどうでもいい質問なのに。。。

さて、最後まで争ったMサワだがなぜ候補から外れたか?断熱性や静粛性のアピールは良かった。しかし (営業文句なんだろうけど)他社(特にへーベル)の悪口をたくさん並べる点が気に入らなかった。 中でも、これは結構いろいろな人が一度は耳にするかもしれませんが 「へーベルは寒さに弱く、あまり冷たい環境では割れてしまう、だから東北以北や北海道にはへーベルは 一軒も建っていない。Mサワは南極の基地も一部作っている」というもの。
この辺はへーベルの説明によると、「ヘーベル版の内部気泡には水が浸入する。これは呼吸して湿度を 一定に保つ性質があるので当然。この水は凍れば当然体積が増すが、気泡同士を結んでいる細孔に増加 分の体積は逃げるので割れたりはしない」とのこと。
どちらが正しいかは実験してみることにした。結果は全く問題なしでした。
東北以北に建っていないのは営業上の理由で、首都圏から地方に向けこれから展開していくようです。 事実正反対の南側、九州にもヘーベルの営業所はない。 またMサワはシックハウスの訴訟を数件耳にしました。パネル構造を謳い文句にしているが、ここに使われて いる接着剤が悪さするのかも。。。とにかく不安要素なのでやめました。ちゃんと営業さんには他社に決めた のでゴメンナサイとお断りを入れました。


建築記HOMEへ戻る  NEXT