PART4
内装検討2
2003年06月21日(土)
第一回内装打ち合わせです。
担当はIAの尾暮さんともう一人アシスタントの方(こちらご紹介なしでした)
後で聞いたところによると尾暮さんはインテリアをこなしてきた数日本一ということで、アシスタントの方も 特に新人教育とか勉強とかではなく、それなりにキャリアのあるベテランさんということ。(尾暮さんが手を怪我されていたので 書記に徹しているといった感じでした)
われわれはそれほど内装に細かくうるさい注文をつけるタイプではなく(???他人に言わせるとそんなことはないらしい。 本人自覚無し)サクサク決めていくタイプなので、そのような立派な方が担当されるとは恐れ多い、というか勿体無い。。。

流れとしては今日はこちらの要望を聞いていって、来週までにそれをもとにヘーベルさんから内装をご提案、プレゼン していただくという感じです。

建具と床色
見本パネルの中から選んでいく。割とあっさり建具はシンザクラ、床はソフトチェリーに決まりました。これで自動的に巾木や廻り縁、玄関収納、階段手すりなどの色が決まります。
これとあわせて保留にしていたキッチンの色とパネル造作をラヴィータセンテナリオのカタログから「ライトフレーム」 に決定しました。これは後日サンウエーブの担当の方に内容を伝えて再見積を依頼しました
巾木と廻り縁って木製ではなく樹脂に印刷だったのですね。ちょっと残念。廻り縁を無しにすると多少コストダウンになると聞いたが、樹脂製なので効き率は低いかな? と思いそのまま付ける事にしました


収納造作
各部の収納の内部仕様を決めました。ただし子供部屋の収納、玄関付近収納のみこちらで検討することになり保留

カーテン
まずは窓の大きさ関係からレールを天井付にする場所と壁付にする場所の説明を聞く。 リビングとダイニングは色や形の要望を伝えて、ご提案いただくことにし後の部屋は自分たちで考えることにしました。

照明
各部屋の照明を決めていきました
玄関ポーチに人感センサつき照明
玄関内部と廊下にダウンライト
階段下収納の大きい方に照明
階段上下に足元灯、折り返し部の左右に照明
ウォークインクローゼットにダウンライト
ダイニングはペンダント3灯吊り下げ。
キッチンはシンク上にダウンライト2つ。
リビング奥の洗面所に向かう廊下部分にダウンライト
2F南側ベランダに1つ、1F庭に2つ、駐車場に1つの壁つきスポットライト設置
その他の各部屋メイン照明は自分で設置することにしました。2F北側ベランダに1つ必要かな?思案中

玄関タイル
できれば懲りたかったがお金もないので、NO16というわりとポピュラーなもの。

水廻り
トイレは2FにINAXのタンクレス「サティス」を採用。結局特注!!ただし1Fは資金不足で標準品で我慢。手すりはすべて撤去し1万6千円節約
洗面台は松下のサラサウィンを採用。またしても特注。。。色はコットン系にすることにしたが具体色は保留
風呂は標準のCパターン。浴槽はシルキーベージュ
外の壁出し水栓は玄関脇と庭と2Fベランダに各1つ

コンセント
外はエコキュート室外機部、駐車場、
将来の充電式掃除機などのために階段下収納の中に1箇所
キッチン周りに通常より多めに
将来の生ごみ処理機などのためにキッチン北側のベランダに1箇所
あとは標準的に各部屋に3セットずつ、洗面所やトイレ、廊下なども標準的にしてもらうことにしました。

情報線
TV、TEL、LAN配線などは来週です



この日は2時間半ほどの打ち合わせでした。
我々は電話機を置くところを考えておらず、これも保留となりました。
IAさんからは階段上収納の下半分がどうせデッドスペースになるのでそこをカウンター状にしてはどうかと提案を 受けました。なるほど、収納は減るがすっきりしそうです。ちょっとした書き物や連絡メモを置くこともできるし インターホンやTEL線なども集中してここに配線できるしメリットは高いかも。とりあえず次回までに考えてくることにした。

このあと営業さんにバトンタッチし、実際に私たちの選んだ外装色で 建っている家を紹介していただきました。今日は梅雨の中休みで晴れていることもあり早速その場所まで行ってきました。 イメージとおりであったのでそのまま進めていくことにする。

よそ様の家なのでこれも写真は無しです。
2003年06月23日(月)
土地の造成が進んでいます。家の前の4m道路ができつつある。早朝に車で出没し写真を撮っている姿は近所の人に怪しまれているかも(笑)


2003年06月23日〜27日
ひたすら夜中に1人で内装検討。特に保留になっている収納内部の造作や2F階段上収納部分をカウンター化するかどうか。 ほか、照明の種類や位置など。


2003年06月27日(金)
土地の造成はさらに進む。手前から奥に向かう道路の先が途中で右に折れる部分ができてきた。


2003年06月28日(土)
今日は第二回内装打ち合わせ。
まずは先週決めた内容の確認から入る。1週間経つと、「あれ?こんなのに決めたっけ?」と思うところが数点。。。(笑)
まあ、その時の直感を信じてあえて変えたりもしないことにした。

さて、先週の打ち合わせの中で伝えておいた、カーテンや壁紙のイメージ要望を元にどんな感じで内装を造るかを決めていく。 各部屋ごとにカーテンと壁紙と天井の案を数件出してくれるので、その中から選んでいく。1部屋ごとにどんどん決まっていく。
このときに50cm角くらいのちいさな部屋の模型に、フローリングと巾木をくっつけて種々の壁紙を貼り付けて実演してもらえる。さらに その模型の上部の照明は白色や暖色などいろいろ切り替えられるようになっている。 壁紙はお金もないし汚れも落としやすいので基本的に非塩ビの旭化成標準のビニールクロスにしました。

今日までいろいろな方の家やHPで見てきたがほとんどの方がトイレの色を1Fと2Fで変えている。私にはさっぱり理解できないでいたが それが今日判明した。夫婦で意見が割れるからであった(笑)。だから、お互いの主張で分けるのか。(ホンマかいな)
どうしてもピンクにするという妻とブルー系にしたい私とで意見が対立。結局決まったのは2FがタンクレスのINAXサティスでピンク、 1FはINAX標準タイプでブルーグレーに決定。(予算の関係でサティス2台は断念)壁紙もそれぞれが自分の担当(?)のトイレを コーディネイトする結果となった。私は1分で決定。妻はあれやこれやとずいぶん時間をかけて悩んでいたが。。。

カーテンについてはリビングとダイニングの分はIAさんに選んでもらい、旭化成で用意することとし残りはすべて施主が考えることにした。

各部収納部分の内部造作の図面ができたので棚板の高さなどを確認する。
ここに至り、階段折り返し部のニッチが2F床の鉄骨梁と干渉することが判明した。干渉しないように作ると一番下のヘリが130cm 位の高さになってしまい、見上げるようなニッチになってしまう。。。よって中止としました。
2F階段上物入れはやはりIAさんの提案とおり、収納はやめて小さなカウンターとしTELやインターホンをおき小さな照明をつける ことにした。奥行きや棚板高さなどは予め設計しておいたのでその図面を渡してそのまま作ってもらうことにした。IAさんも同様の案を図面にして 準備してくれていたので話は早かった

これは説明用に私が書いた手書き図面。上のほうの戸は最終的にはなくなり、情報分電盤を奥につけました
今日はこの辺まで。情報関連の仕様決定は来週に持ち越されました。
これまでのへーべリアン情報によると、内装はぶっ通しで何時間もかけて行うという話が多く覚悟していたが、われわれの場合はここまでで2時間強の 打ち合わせが2回。妻が身重なので短く数回に分けるように配慮してくれているのかな?

2003年07月5日(土)
今日はサンウエーブの営業所で大商談会があるというので朝一ででかける。ほとんどオープンと同時に行ったのにすごい人でびっくり。
お土産にフルーツを頂きました(^^)
キャンペーンが始まっていて、今ラヴィータセンテナリオを購入すると食洗機がダブルになって、しかも使いやすいタイプになるとのこと。 これは早速申し込むことにしました。今見積もっている松下製食洗機は扉ロックがレバー式で操作ボタンも正面から操作しなくてはならない。 これが、日立製になると扉がバキュームロックになり操作ボタンも上面についているタイプになりしかもダブル。若干収納は減りますがやはりメリットが あると判断。

写真はイメージです。こんな感じ

2003年07月6日(日)
第三回内装打ち合わせ
この日はLANの打ち合わせです。
初めて設計の小蛯ウんとお会いしました。LAN関係は妻はサッパリ???なので体調も イマイチということもあり、今日は私1人で伺いました。
さて、私の持論「家を建てるときにガチガチに家具や家電、食器などにあわせて作ってしまうのはやめたほうがよい」
家電なんかどんどん形が変わっていくし、(たとえばTVなんか今や大画面壁掛けになってるし)TELもコードレス になりFAXになり、はては家族1人1個の携帯になってきている。趣味や生活スタイルも変わってくる。特にPC通信 関係はここ5年くらいでダイヤルアップからISDN、ADSL、光通信と変化が著しい。よって家庭内LANも今そんなに 一所懸命かんがえても仕方ないなあ、と考えていました。
今回の打ち合わせでは、まず情報分電盤位置を2Fマルチカウンター(階段上収納をつぶしたところ)の上方の棚の内部 に作ってもらうようにしました。
次に配線ですが、当面すぐ使用する私の部屋までLAN配線をしてもらい、それ以外は将来情報機器を置きそうな場所である 子供部屋と寝室に情報ターミナルコンセントのみ設置してもらいサヤ管だけ引き回してもらうことにしました。必要な時期 が来たら自分で壁の中のサヤ管に必要なケーブルを通せばよい、という考えです。それまではメクラブタです。
あとはTELをつけたい部屋に同様の情報ターミナルコンセントを取り付けるだけとしました。
これで打ち合わせは終了。1時間もかからなかったかな。

あとは、前回の尾暮さんと検討した照明の変更案を伝えました。
 1F廊下のダウンライトの配置バランスの変更
 庭のスポットライトのスイッチを3路化
 階段上マルチカウンターに照明追加
 北側のベランダに照明追加
 台所照明はダウンから蛍光灯へ変更
 台所のシンク上照明はダウンライトから配線ダクトにぶら下げるスポットライトに変更
 台所の照明は3路化
今日はここまで。


建築記HOMEへ戻る  BACK NEXT