マッハ号の秘密

今から30年ほど前(1967年4月から1968年3月)放映されたマッハGOGOGOは車がジャンプし、水中を走り、木をなぎ倒し ながら疾走する衝撃的なものでした。平成9年1月よりリメイク版が放映されたのでそれとあわせて各装備を紹介します。旧作のほうは 主人公が秘密兵器を使用するとき「GO!!」という掛け声だけであまり細かい紹介や設定がありませんでしたので、第二話 の冒頭で父親ダイスケが語っている言葉をそのまま使用しました(そのため名称がやぼったい)。
さすがに新作は細かい設定が充実しており、まず全体を総称してセーフティセブンという。また各装備もいちいち主人公が 「エアロジャーーーッキィ」などと叫びながら使用するので非常にわかりやすい。 マッハ号自体も新作と旧作ではちと違いがあります。定員が2名(よくクリ坊と猿がトランクにもぐっていたので最大3名+1匹???) から3名になってたりフェンダーミラーの数が増えてたり(保安基準が厳しくなった?!)
新マッハ号のスペックは5560X2916×1166mm 車重1580kg。 エンジンは後部がメインでプラズマガスタービン、前部に同じくサブでプラズマガスタービンエンジンを搭載する。 なんとツインエンジンの流体駆動独立4WD(よくわからんがとにかく4駆)である。 ボディはオープンタイプ・ベルヌーイエアロダイナミックスという、流体力学の有名な定理の文字を強引に入れたよくわからんネーミング。

ボタン 旧作 新作
オートジャッキ エアロジャッキ
ベルトタイヤ バルーンタイヤ
カッター装置 カッターブレード
ディフェンサー ディフェンシブシールド
イブニングアイ エマージェンシーワイヤー
フロッグ装置 フィッシュダイバ−
ギズモ号 ギャラント号

上記には書いてありませんが、旧作のみ「H」ボタンが存在します。ハンドルでは無く別のところについています。 機能はホーミング。
実はこのほかに原作の漫画もある。その中ではさらにエアー走行など変わった装備もありますが調べ切れませんでした。
知っている方は教えてください。

オートジャッキ

その名のとおりあくまでもジャッキとして使用するのが主な目的だと劇中紹介している。今のレーシングカーでは 圧縮空気を車外から供給して使用する方式で既に常識化している。 「走りながら使えばジャンプもできる」と劇中語っているのでやはりジャンプは付加的な価値らしいが、 ジャンプ以外の目的に使っているシーンを見たことがない

エアロジャッキ

ジェット噴射用排気ダクト2個とメンテナンス用3点ジャッキと滑空用ウイングで構成される。 こちらもジャッキという名称は残っているが、やはりジャンプが目的。一応滑空距離は20mという設定だが、劇中では ジャンプというより飛行に近い距離を飛んでいた。

ベルトタイヤ

フェンダーに内蔵されたベルトが走行中でも自動的にタイヤに巻きついて悪路が走行できるようになる。 しまうときどうするのかは謎である

バルーンタイヤ

バルーンタイヤと車高調節式サスペンションと補助灯で構成される。ホイールからタイヤに圧縮空気を注入しグリッド パターンを展開しタイヤ径を膨張させてバギー形態となる。乗り込むのが大変だがエアロジャッキの補助翼がタラップ となる

カッター装置

ご存知、車体前方より2枚の丸ノコが出て林の木をなぎ倒しながら走ることができる。直径30cmはあろうかという 木でも0.1秒くらいで切りながら普通の速度と同じくらいの速度で走れる!?確実に倒れた木が自分に倒れて きそうだが絶対に木のほうがよけてくれる。また切った後の切り株も車体の底にぶつかることもない。

カッターブレード

さすがに丸ノコで木をなぎ倒すのは無理があったのか、新作ではこの部分がフッ化水素レーザー発振器になりました。 出力は475Wという設定だが、電子レンジより低いこの出力では木は切れんでしょう。。。

ディフェンサー

ただの風防です。ただ旧作ではこの風防にマッハ号とエンジンの設計図が隠されており重要な役割を果たす。

ディフェンシブシールド

防御用ハードトップという設定。材質は車体と同じ特殊CFRP+ノーメックスという訳のわからんものでできているが、 少なくとも車体より強度は上げてあるらしい

イブニングアイ

ただのヘッドライトのような気もするが、赤外線によるノクトビジョン機能を持っている。情報は剛のヘルメットの シールドに投影される。

エマージェンシーワイヤー

Eボタンは旧作と明らかに用途が異なる。フェンダー上部よりフックワイヤーを射出し救助牽引に用いる。急カーブ でイン側の壁に打ち込んで高速で曲がることもできる。ワイヤーが外れなければ壁に刺さってしまうが?!

フロッグ装置

後部より出てきたウインドシールドが前部ディフェンサーと組み合わさり、さらに座席後部の酸素ボンベよりの酸素 供給により水中を走ることができる

フィッシュダイバー

旧作と似たようなもんだが、さすがに大きく進化しています。こちらには推進用スクリューが2個と全部で6枚の 車体制御用ラダー、さらに潜望鏡もついている。水中を走るというよりは潜水艦に近い。 水上で250km/h  水中で170km/hも出る設定になっている。

ギズモ号

通信偵察用のリモコン鳥。

ギャラント号

こちらも似たようなもの。ナビゲーション用ラジコン飛行機という設定。望遠 赤外線 X線 電子走査 採音センサー を装備。最大45km/h

トップメニュー