なつかしのアニメ「銀河漂流バイファム」を全46話一気に見た。レンタル屋さんで投げ売り(投げ貸し?)状態だったので 一気に借りてみたのだ。それもそのはずこのご時世にVHSだったから。ブルーレイ移行も進む中で希少かも。 ネット配信なんかよりも格安だったのさ。
オリジナルは1983年10月21日から1984年9月8日まで放送されたそうで・・・ ん!?よくよく考えると既に四半世紀以上経っているのか!?時代を感じる。。。
途中で延期になったり打ち切りになったりとなかなか当時はやきもきさせられた記憶が有る。

いろいろ気づいた点や感想を

・なんと主人公ロディが実際にラウンドバーニアンに搭乗するのは第5話。しかも主人公メカではなく地上用ディルファム。 これはこれで個人的には好きなメカなんだけど、ちょっと地味かな。ちゃんとシミュレータで練習してから実機搭乗するところは 当時としては非常にリアルだったが、シミュレータのCGはかなりちゃちなもの。いまどき飛行機のパイロット用のシミュレータ だってかなりリアルな景色を出しますけどねえ。

・では主人公メカバイファムに搭乗するのは。。。なんと第12話。ほとんど1クールかけてやっとこさ。それも戦闘ではなく 鉄骨の除去作業に使用。戦闘に使用するのは第13話まで待たなくてはならない。いまどきのアニメでこんなことをやっていたら 3話目あたりで飽きられて視聴率ガタおちではないだろうか。。。

・ジェイナスの本当の艦長は第2話で死亡。ずーっと後のローデン大佐とスコット扮するヘルベルト・G・フォンシュタイン との会話で名前が「グレード・バーナス大佐」だとわかる。ヘルベルト・G・フォンシュタインってガンダムのOVAであるMSイグルーに出てくる ヘルベルト・フォン・カスペン大佐に似てるなあ。

・第2話よりアバンタイトルが始まる。ずーっと最後までこのスタイルで行くかと思ったが途中でオープニングの変更と共に消える。残念。 打ち切りや延長の影響であろう。ここでのアバンはケンツの無重力バレルでの事故シーン。とても不思議なのはジェイナスは宇宙船なのに 通常生活する空間は全て重力があり、逆にこの無重力バレルが特殊な場所のように描かれている。 宇宙艦なのにお風呂で湯船に浸かったりできたり、水道の蛇口から普通に水が出たりと、不思議な船ですな。ホワイトベースのように 重力ブロックの有る構造とも思えないし。

・ケンツといえばケンツ軍曹という呼び名がはまる。この呼び名が出てきたのは第11話、シャトルでベルウィック星からステーションの ジェイナスに向かう途中にコクピットでバーツに怒鳴られるところ。。。。ではない。実は第8話でケンツは自分自身を「ケンツ軍曹」 と一人芝居の中で呼んでいる。

・で、「グレード・バーナス大佐」亡き後ジェイナスの艦長は中尉さんが務める。この人最後まで「中尉」さんであって名無しだった ことに改めて気づく。

・その中尉は第3話にて、自爆装置を作動させたバイファムで敵機に特攻をかけ早々に退場。普通兵器に自爆装置なんてつけるかな? 少しでも軽量化するものではないだろうか。現代の戦車に自爆装置なんて付いてないしね。機密性の高いステルス戦闘機なんかには ついているのかなぁ。ガンダムSEEDのアスラン搭乗のイージスは自爆装置で自爆していたなあ。

・同じく第3話で、民間人が各砲座で応戦するもあっさり砲台ごと撃破され多数お亡くなりに。この砲座、同じ場所にあるのに後に 子供たちが使うことになる。自分たちで修理出来たとは思えんが。 根元から丸ごと吹っ飛ばされてるので修理っていうレベルでもないですし。

・中尉亡きあとは大人は軍人2名とクレーク博士とケイトさんのみ。軍人2名はベルウィック星の様子を見に行ってアッサリ消息不明。 その直後にクレーク博士はシャトルでの降下を決める。えーっ!軍人さん2人の尊い犠牲で得た「敵がいるらしい」という情報を無視 かい!結局無事に降りられたけどね(降りられなきゃ話終わっちゃうし)

・ベルウィックに降りたところで敵と戦うディルファムに乗ったバーツと合流。ディルファムは戦闘終了後に足が折れて使えなくなります。 そしてこのディルファムは、後に片足状態で格納庫にあり、無理やり動かそうとしたケンツによって転倒します。片足だから当然、 みたいにバーツに怒られますが。。。はて?ではこの片足のディルファムはどうやって格納庫に戻ってきて、しかもハンガーに直立して いたのでしょう?不思議ですね。

・さて、大人残り2名。クレーク博士は助けを求めてジワイメルウ基地(逆さに読むとウルメイワシ?)へ行き、戻ってくる途中に敵に襲撃されて、 これまた消息不明。遺体は見つからなかったというセリフから、後々颯爽とピンチに参上!となると期待したが最後まで登場せず。 意味深なセリフの割りに結局死んでたのね。

・ケイトさんはその後、割りと長々と生きていたが第16話にてお亡くなりに。クレーク博士よりこちらのほうがよほど確実に死んだ ような描写であったが、OVAで復活を遂げるのであった。

・第7話で廃墟に隠れるルチーナを敵ARVバザムのセンサーが探し回る様子は昔の映画「宇宙戦争」(最近ではトムクルーズによるリメイク) のワンシーンを思い出します。

・第8話にて高ゲタの製作が始まります。作った高ゲタはコクピットに直接溶接でくっつける描写が有ります。こういう改造をすると そのRVは足の短いメンバーの専用機になってしまいますな。そういう不都合がないように、なのか?後に第17話ではケンツが 高ゲタを持ってバイファムに乗り込む直前に「すぐ取り付けるからさ」と言っているところから簡単に付け外しが できるようアタッチメント化の改造が行われたのかもしれません。
高ゲタの製作時シャロンは溶接をジャンク屋の2Fの親父に教わったと言っていたが、まさかアムロの親父さんではないだろうな。。。

・第9話で、やっとRVでの初戦闘。協力して何とか撃退するものの、脱出した敵パイロットに止めを刺すような真似はしない。 さすがに子供にあからさまに殺人をさせるわけには。。。でも、今後ロディとバーツを筆頭にバカスカ敵メカや、果ては拠点基地 までもをやっつけたりすることになる。当然敵パイロットや敵基地の兵員はお亡くなりになっているわけで、その数は百や二百では 効かないでしょう。うーん、ここは深く考えたくないです。当然放映当時はなんら疑問に思わなかった。

・第10話ではメンバーは分裂。バーツを中心とした一派はジワイメルウ基地へ向かい、アゾレックのロディたち残ったメンバー はシャトルでの脱出を試みる。結局ジワイメルウ基地は壊滅し、敵に見つかったバーツたち。一行をトラックからおろし、囮となって バーツは敵に特攻。こりゃストーリー上カッコよく彼は死んだな。。。と思ったが結局生きてました。個人的にはバーツとシャロンは 味方を守るため途中で死ぬ、という予感がしていましたがまったく外れました。

・第11話では一行はジェイナスに戻る。途中のシャトルで体が浮くところや、ジミーが宇宙空間に流されるところなどは、 宇宙が無重力であることを強調する描写がなされていてリアルだ。しかし、それゆえにジェイナスの中での生活はまったく地上と 同じ重力がある生活になっているのは妙に矛盾している気が。どんなに科学が進歩しても宇宙船の中に人工重力を発生させることは 出来ないと思うけどなあ。

・第13話で宇宙での初戦闘。ロディのバイファムとバーツのネオファムという図式が始まる。発進時の「行きマース」はご愛嬌。 短いながらも一応カタパルトで射出されて出て行くのね。敵の接近に我慢できずに 発砲してしまうバーツですが、あまり彼らしくないような気がします。「充分ひきつけてから撃て」くらい言いそうですけどね。

・第14話では初めてセリフをしゃべる異星人ラレドが登場。これまで組織や人物が一切描写されなかっただけに急展開。なぜに彼は 怪我をし、また地球製の小型機で漂流していたのでしょう?

・第16話にてついに最後の大人、ケイトさんがお亡くなりに。本当は生きてたりするが、本編しか見ていない通常の視聴者には わかりません。予想とおり子供たちをかばっての犠牲という形でした。合掌。

・第17話ではジェイナスの航路と交錯する艦の残骸の爆破作業に赴くロディ達。実は中に敵のARVが隠れていて戦闘に突入。 最終的には脱出できるのですが、敵ARVはここでいったい何をやっていたのかは結局わからず。謎ですねえ

・第18話ではジェイナスの各施設がいろいろ出てきます。長い航海を乗組員がストレス無く過ごせるよう、なのかまるで 豪華客船のようです。映画館、歯医者、図書館などなど。最後にはディスコまで出てくる。ひょっとしたらプールも (泳ぐほうもビリヤードも)あったのかもね。でも、あの図書館の本の山はあまり未来的ではないですね。 現在だってDSで本が読めるのに。

・第19話では小さな子供2人の世話にイライラが募り、切れてしまうクレア。当時は何にも感じなかったけど子供を持つ 親の年齢になってから見ると共感できます。

・第20話で敵の中継ステーション攻略のために長距離移動するため、バイファムとネオファムに増槽と思われる ツインムーバーが取り付けられて出撃。なかなか他のアニメではない描写です。他ではシーマさまのゲルググMくらいか?

・第21話。もう何も言いますまい。有名なエロ本エピソード。

・第22話でついに味方の地球軍と接触。当然子供たちで旅を続けることは反対され、軍艦やRVという軍事機密の 無断使用で刑務所入り、となってもおかしくない展開ですが、ローデン大佐の態度は途中でコロッと変わり、補給まで受けて タウト星への旅はそのまま続くことに。そんなばかな〜と言いたいところですが当時は何の疑問もわきませんでした。 何とかならんかったのかね、この展開。

・次の第23話では戦闘に突入し、ローデン大佐は子供たちに自分たちが戦っている間に行け!みたいな感じでジェイナスを 送り出します。このほうが前話より自然ですよね。ローデン大佐のその後の安否は描写されず。 やはりパターンとおり子供たちをかばっての犠牲という形で退場か?いやいや。。。

・総集編を2話挟んで第26話では、補給されたトゥランファムにロディとバーツ、ケンツとマキのペアが操縦するシーンが 描かれます。4人とも、ひじょーにごつくて大きいヘルメットをかぶっている。これまでトゥランファムを操縦していた軍人 さんたちについては、ただのノーマルスーツの一部として描かれていると思ってましたが、子供たちまで平服にメットだけ わざわざかぶるということは、これをかぶらないと操縦できないのでしょうか? いやいや後にククト星に降りた後はヘッドセットで操縦しています。宇宙だけ必要なのかな・・・ しかしこのメットといい、これまで皆がつけてきたヘッドセットも異常に大きいです。未来なんだから 装着しても違和感の無いくらい小さなものも開発されててよさそうなものだが。

・同じく第26話では、まずタウト星の外観がスコットの操る端末でCGで描かれて紹介される。このときは 特に何も感じなかったが、後に接近し実景が見られるようになるとデススターのような丸い人工天体になぜか 山脈のような山が生えている。なぜに真空の宇宙に山が必要なのか?タウト星の大きさも今ひとつわからない。 中に広大な居住区が有るところを見るとかなり巨大な気もするが、丸い部分と山の部分のバランスを見ると 妙に小さくも感じるし。

・第27話では、個人的に待望のバイファムコクピットポッドによる脱出シーンが描かれます。残念ながらこれが 最初で最後。結局つかまってしまうロディであった。ロディの入れられる牢屋はどうも不自然です。自傷防止 措置どころか投身自殺可能な設計は、怪しすぎる。

・第28話よりついにアバンタイトル廃止。牢屋ではジェダと会話。やはりこの牢屋はおかしい。ジェダが ロディのところへ上ってきたということは、逆にロディも下層へ降りることが出来たはず。囚人にそんな 自由にウロウロ出来る環境は与えないでしょう、普通。
リベラリストの抵抗による混乱に乗じ脱出するロディとカチュア。バイファムと小型艇がそのままいつでも 発進できる状態でおいてあるのも不自然。大体広大なあの星で徒歩で格納庫にたどり着けるものか?この辺が タウト星の大きさが不可解な理由でも有る。
スコットがRVで初参戦。黄色いバイファムは劇中で特に語られた節は無いが、一般的に練習機として認知されている。 あれは練習機だという設定でもアニメ誌か何かで公表されたのであろう。ここに至り、男性でRVに乗ったことが 無いのは4歳のマルロを例外とすればジミーだけとなった。女性陣はクレア、ペンチ、ルチーナが未搭乗。

・第29話でローデン大佐は予想とおりご存命で再登場。ピンチに颯爽と、とは行かなかったが。 ここで一行はスリングパニアーを強奪(?)。メーカーは格納されていたコンテナからも察するように○ンダイ らしい(笑)。このときははっきりしなかったがスリングパニアーはバイファム、ネオファム、トゥランファムで 全て形状が異なる。何で汎用性の無い専用設計なのかな?バイファム、ネオファムはノーマルのランドセルと換装、 トゥランファムはそのまま後付けというのは機体の新旧の差かな。実はディルファム用もあったりして。

・第30話、タウト星もろともローデン大佐は今度こそ宇宙のチリに。そしてジェイナスはついにククト星の大気圏 に突入。大気圏突入シークエンスと、その間に戦闘突入、燃え尽きてしまうのか?という流れはもうサンライズのお約束。
いろいろあって、ジェイナス本隊とはぐれるロディ、ケンツ、カチュア。なぜ、この組み合わせなのでしょう? 不自然なのはいつも戦闘に主力参加するバーツがいないから。大気圏突入の準備をしていて手が離せず戦闘不参加という 流れがあったけど、違和感が。ククト星突入〜全員再会までの間、ジェイナス本隊の守備をする年長組が居なくなる、と いうことを考えると妥当だったかも。


ここからはククト星地上編へ

title ここへきて、立体物がほしくなった。そういえば2〜3年前あたりに当時のプラモデルが再販されていたな。売れ残っているか 探してみよう。
しめしめ、在庫処分投売り状態で残っている。しかもスリングパニアー搭載型だ。¥1,700のところ¥500で入手。さっそくパチ組み したところ、うーん何か変だ。腕が太くて大きすぎるようだ。スリングパニアーの翼は何じゃこれ?!といいたくなるくらい短い。 でも翼をたたんだ状態だと設定画に近いんだよなぁ。
でもとにかくかっこ悪い。そういえばホビージャパン2006年7月号に作例が載っていた。参考に改造してみよう。

title てなわけで素体となるMGザクF2を、フレーム部分のランナーのみのバラ売りしているのを探してきて入手。 これのほうがバイファム本体より高価だったのは言うまでも無い。作例を参考に足回りに流用。あとは胴体と 頭の中身に移植。外観は出来る部分だけトライする。スリングパニアーの翼はもう、これでもかと思うくらい延長。 結局20mm延長しました。
プラモデルの解説によるとスリングパニアーによりRVの航続距離を約30kmまで延長することが可能となった、 と書いてある。一方ククト星に降り立ったロディは、はぐれたジェイナスはここから300の地点といっている。 300mってことは無いから単位はkmであろう。全然足りないじゃないかーーっ!?

title 腕は詰めて細くした。今風の関節部品に換装したが何を使用したか忘れた。モチベーションの有るうちに一気に 形にしたかったので缶スプレーで大胆に塗装。

title ここまできたら急造シールドも欲しい。というわけでつくってみた。0.5mmプラ板を4枚同じ形状に切り抜き、 曲げ癖をつけて2枚ずつ重ねて接着。その2枚の間に適当な構造材っぽいディテールを入れたプラ材をはさんでまた接着。 外周を整形し、あとは3mm角棒で作った取っ手や表面のディテールを入れれば完成。
こういうのは寸法を決めるのが難しい。大きすぎたり小さすぎたりすると作り直しがやっかいだし図面を引くのは 面倒だし。逆に寸法さえ決まればそう難しくもありません。で、こいつの寸法は簡単です。
なにせ第33話でバーツがロディに「長さは5mだったよな」って言ってますので1/100スケールで縦寸が50mmと決まります。 あとは適当に見繕って、横寸42mm、下辺25mm、斜めの部分はちょうど縦寸の半分の25mmのところから下辺にむけて 引き、最後にコーナーを丸めました。

title 取っ手は劇中で銀色っぽい描写で、少なくとも真っ白ではなさそうなので銀色に塗ってみた。
さて、後半戦を見るか



つづきはいずれ。 トップメニュー